カーコーティングのメリットデメリット

車のコーティングの種類

ガラスコーティングの特徴とメリット・デメリット

ガラスコーティングは無機質のガラスで、車のボディをコーティングするもので、皮膜がとても固いことが特徴です。メリットとしては、なんといっても他のコーティングに比べて施工後の効果が一番長続きすることです。皮膜がとても固いために、車のボディに小さな傷や汚れがつくのを防止する効果がとても高く、美しい状態を長期間保つことができます。デメリットとしては専門の業者に作業してもらう必要が出てくるために費用が高くなってしまうという点や、油脂分やツヤ出し剤などの成分が含まれていないため、ワックスなどのようにツヤが出ない点が挙げられます。また、コーティング全般の水のはじき方には撥水、親水、滑水、超撥水とありますが、このうち最も汚れや水を残しにくいのは超撥水です。

ガラス系コーティングの特徴とメリット

ガラス系コーティングとは、ガラス繊維の含まれているコーティングのことです。ガラス系のメリットとしてはポリマーやフッ素系に比べて効果の維持できる期間がとても長いという点や、ガラスコーティングとは異なり、皮膜は固いもののツヤが自然に綺麗にでる点、また、作業自体は比較的簡単である点などが挙げられます。デメリットとしては、ガラス系は市販されているものの種類がとても多く、その中には良いもの悪いものもあるので、選び方を間違えると良い結果にはならないという点や、作業自体は比較的簡単で、自分で作業することも可能ではありますが、業者に依頼すると、割合高価になる点、また、ある程度の頻度でメンテナンスが必要になる点などが挙げられます。

フッ素コーティングのメリット・デメリット

フッ素系コーティングとは、樹脂系や油脂系、ガラスやガラス系といった分類の中の樹脂系と呼ばれるものの一つです。樹脂系のメリットとしてはポリマーと比べて、その効果が長期間にわたって持続する点や作業がとても簡単で、自分で施工することができ、また、専門業者に作業を依頼する場合にも、安価で済むという点、車のボディーについてしまった傷が目立たなくなるといった点が挙げられます。デメリットとしては、ガラスと比較した場合、皮膜が柔らかいので、その分、傷が付きやすくなってしまう点や洗車時に使用するシャンプーの種類によっては皮膜が剥がれ落ちてしまう点、また、ガラス系同様に市販されている種類が多く、玉石混淆となっているため、選択が難しいといった点が挙げられます。

市販品コーティングのメリット・デメリット

市販品のコーティングは施工が簡単に出来るように開発されている為、素人でもミスなく施工できる点です。また、コストパフォーマンスも高いと言えるでしょう。
しかし、デメリットとしてワックス成分が濃かったり、シミが付着しやすい成分が含まれている可能性があります。自分で塗って艶が上がるのは、ほとんどがワックス「油」の影響です。油は塗装面を劣化させる原因になったり、熱や雨で簡単に落ちてしまうことがデメリットです。

ポリマーコーティングのメリット・デメリット

ポリマーコーティングとは高分子化合物を塗布するもので、メリットとしては、油脂系のワックスと同じく施工がとても簡単で、自分でも行うことができますが、ワックスより効果の持続時間が長いことが挙げられます。このほかのメリットとしては、専門の業者に施工を依頼したとしても安い価格で済むという点や、仕上がりにとてもよいツヤがでるという点、すでに車についてしまった傷も小さな傷であれば消えてしまう点などが挙げられます。デメリットとしては皮膜が柔らかいために、傷を防ぐ効果はあまり期待できないという点や、劣化しやすく、劣化した部分については、こまめにメンテナンスを行うことが必要になってしまう点、効果の持続する期間が短いといった点などが挙げられます。

ワックスコーティングのメリット・デメリット

ワックスコーティングとは油脂系の一つで、種類としては固形ワックス、はんねりワックス、そしてその他のワックスに分けられます。ワックスのメリットとしては何といっても価格が安い点が挙げられます。しかし、ワックスにはデメリットも多く、施工をしてからひと月ほどで、ほとんど効果がなくなってしまう程、効果の持続期間が短い点や、雨で剥がれ落ちやすく、それがウィンドウに付着してしまうと油膜となりぎらついてしまう点、ワックスの紫外線劣化により、ボディの塗装まで浸食されてしまうことがある点、また、作業自体も意外に大変で、屋外での作業の場合、作業中に砂などがボディーに付着すると、傷がつく原因になってしまう点などがデメリットとして挙げられます。

ディーラー施工のメリット・デメリット

ディーラー施工のメリットは納車時に一緒に施工してくれるので、車を購入して納車されるときにはコーティングが掛かっていることがメリットです。手間になるコーティング施工の持ち込みが不要となります。一方デメリットは、ディーラーにガラスコーティングをお願いすると、大半が外注となります。外注業者にお願いするということは、仲介マージンを取りますので、本来支払った価格より安い金額で外注に投げる訳ですから、当然コーティングの質やサービスの質が悪くなります。
また、内製化で施工するディーラーもあるようですが、大半は、営業マンや整備士さんが施工するようなので、素人同然のスタッフがコーティングを施します。
その為、難易度が高い、高性能なコーティングはムラになったり、コーティングが定着しなかったりするため、簡易的なコーティングを施す形になるため、効果が短くなるのが現状です。

専門店でのメリット・デメリット

専門店での施工はメリットとして専門スタッフや専門ショップ独自のノウハウや技術があるため、仕上がりや効果の高いコーティングを施工してくれます。施工が難しいようなコーティングも施工してくれるので、効果の差は歴然です。また、環境が整備されていたり、機材や設備が充実されているケースが多いため、安心してお任せできるということです。一方デメリットはわざわざ専門ショップを探したり、持ち込んだりしなければならないということです。その点は面倒になります。

量販店のメリット・デメリット

量販店でのメリットは、価格が安価な点です。
また、ディーラーよりも施工実績があるため、知識はある方でしょう。数時間で作業が終わってしまったり、買い物している間に施工できるのは魅力的です。
デメリットは欧州車などの車の取り扱いになれていない点や、アルバイトの方が施工するケースも珍しくありません。

ガソリンスタンドのメリット・デメリット

近所ならどこにもあるという点です。
車を預けて、自宅に帰るなんてことも出来ます。デメリットはガソリンスタンドではアルバイトの方が施工していたり、屋外で施工するため、砂利や炎天下でコーティングが傷んでしまうことも珍しくありません。
以上の点を十分に理解した上でガラスコーティングを施工するお店と、何のコーティングを施工するのかということをしっかりと考えておきましょう。
施工の事で困った時は、ネットで詳しく調べるか、コーティング専門店で相談をすることが良いでしょう。